excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:生殖補助医療 ( 88 ) タグの人気記事

全治1週間だそうです…

 先週末から体調が悪く、日曜の演奏会当日も頭がぼーっとしていて「あれ?楽譜→演奏へのトランスレートが上手くいかないなぁ…。」とか不調を感じていたのですが、昨日病院へ行ったことから原因が判明しました→ウィルス性の風邪に罹患していた疑いが濃厚とのこと。どぅりで、鼻づまりが酷く喉が痛いハズですもっと早く気づけよなぁ…
 喉の奥に口内炎的なもの、それもかなり酷いものができているらしく、「痛みが取れるまで1週間はかかるよ」と病院の先生に言われてしまいました。皆さん、病院へは早めに行きましょう!

More(気になった記事など)
[PR]
by vla_marie | 2006-06-08 08:01 | なるほど

根津医師のところでも着床前診断(PGD)

 もう、新聞各紙が報じていますね(毎日朝日読賣)。
 気になった部分のみを読賣の記事から引用。
>  この日の会見で根津院長は、同学会に対し、転座だけでなく染色体の数の異常が習慣流産につながるケースも着床前診断の対象に加えるよう、大谷院長らと連名の抗議声明や公開質問状を郵送したことも明らかにした。抗議声明では「流産の可能性を減らすために着床前診断を受けるのは基本的人権だ」としている。

 どのような論拠で「人権侵害」としているのか?→抗議声明とかを見てみること。

 会見には、7000例以上の着床前診断を手がけてきた米国生殖遺伝研究所のサンチアゴ・ムンネ所長も出席。転座の夫婦の流産率は79%だが、着床前診断を実施すれば、9%にまで大幅に下がるというデータを報告し、着床前診断の有効性を強調した。

 今年4月に学会で転座による不妊症治療目的でのPGDは容認されるに至っているが、その場では、こんなに高い有効性があるとは言われてなかったハズ!→私が知らない未知の手技なのか?

More
[PR]
by vla_marie | 2006-05-29 21:16 | なるほど

事実婚カップルにも体外受精がOKに

 5月8日付けの毎日新聞の報道(記事)。以前私が投稿した読売新聞の記事より、ちょっと詳しい内容が紹介されていますね(参照)。
 以前の投稿でも書きましたが、どちらかというとこれは立法を促すための政治的意味合いが強いのではないかと思うのですよ、個人的には。
 パーコール法については、①産み分けの効果が実証できない、②安全上の問題も無いということで、禁止規定を無くす方針のようですね(事実上解禁?)。
[PR]
by vla_marie | 2006-05-09 04:17 | なるほど

(今更なんですが、)習慣流産を対象としたPGDに対して日産婦が正式にGOサインをば

 この報道あった時に自分のパソ壊れてたもので…、覚え書き程度に残しておきます。22日付けの読売新聞で報道されていますね(記事)。
 習慣流産の原因には多種多様なものがあるのですが、今回PGDの適用となるものはごくわずかで、しかも治療効果としては微々たるものであると言われています。それにも関わらず、今回PGDを認めたのは、「やることはやった」と患者本人が納得できるまで治療を提供することが、(実効性に疑問があっても)倫理的には妥当であると見なされたからでしょうね。

 もう一つ、大きなニュースは23日付けの読売新聞から(記事)。事実婚カップルへの体外受精に関して、日産婦が容認するようになったとのこと。

More
[PR]
by vla_marie | 2006-04-30 17:04 | なるほど

FIGOの性選択に関するガイドライン

 FIGOという、産科と種生態学に関する国際的なNPOがあります。最近そこから「非治療目的のための性選択に関する倫理ガイドライン」が出された様なので、今日は拾ってきて眺めてみたりしていました。
International Journal of Gynecology and Obstetrics(2006)92, 329-330 pp.

More
[PR]
by vla_marie | 2006-04-19 02:51 | なるほど

凍結精子出産訴訟はいよいよ最高裁へ

 時事ネタはまとめて書くと疲れますね。はい、次は、私の専門領域です。

 2004年に高松高裁で出されたのが、夫の死後の生殖補助医療によって産まれた子の認知訴訟判決。あれは、聞き取り調査などによって「夫の生前の同意がある」として認知を認めたんですよね。その後国側が上告しておりました。
 その間、同様の事件を扱った東京高裁判決では、認知を認めない判決が出てまして、関心の集まっているところだったのですが…、どうやら最高裁では高松高裁判決は覆る見込みのようですね。

追記:7月7日から弁論が開始されたようです、最終的に判決が下るのは9月4日とのこと。
(最終更新:1 aôut 2006)

More(書きかけ)
[PR]
by vla_marie | 2006-04-15 10:18 | なるほど

『はじまった着床前診断』

 流石に報告の日まで日にちが少なくなってきたので、お腹が痛いのを我慢して本を読む。まずは大谷徹郎・遠藤直哉『はじまった着床前診断』(はる書房、2005年)を、要点をまとめつつ読み直す。
 一般向けに平易に書かれた着床前診断についてのQ&A本であり専門書ではない。ただし、著者が例の大谷医院(学会の会告を無視して着床前診断を行なったので有名になった)の院長その人のものであるため、どういう姿勢でどういうものを書いているのかを知ろうと思って購入した。

More
[PR]
by vla_marie | 2006-03-12 18:07 |

パートナーの同意無き凍結胚の利用は認められない

 3月8日付けの英Times紙が、パートナーの同意が無いために、以前凍結した胚を用いて子を得ることができなかった女性について報じている(記事)。
 報道に依れば、ナタリー・エヴァンスさん(34)は卵巣癌治療を受けるにあたり、2001年当時交際していたジョンソン氏との間で作られた胚を凍結していた。手術は成功したが、エヴァンスさんは卵巣を失った。2002年にこのカップルは破局し、ジョンソン氏は胚の処分を申し出た。

More
[PR]
by vla_marie | 2006-03-10 05:14 | なるほど