excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:生命倫理 ( 357 ) タグの人気記事

『殺人罪に問われた医師』

 川崎協同病院事件の弁護人(大学教授)の方が書かれた本(bk1)。上告趣意の解説をやっているということで購入。印税が訴訟費用に使われているのかどうかは知りません。

 この本、どうも判決文を読んでもしっくり来なかった点が色々分かるのは○です。
 例えば、「本件抜管行為が、(中略)治療行為の中止としてなされたものであり、実質的違法性ないし可罰的違法性がない」という弁護側の主張は…、違法性阻却としてこの点を主張しているのではなく、そもそも違法性がないから公訴するな(公訴権の濫用)を言っているらしい。これは、(主張の当否はさておき)判決文からだけだと分かりにくい…。

More
[PR]
by vla_marie | 2010-03-10 23:57 |

改正臓器移植法、提供決定者の範囲は家族+同居人?

 18日の厚労省作業部会で、改正臓器移植法における本人意思不明の場合の臓器提供を決定する者の範囲を、「配偶者、子、父母、孫、祖父母、同居の親族」とすることで纏めたと報じられています。なお、家族の総意は喪主たる者が纏めるとのこと(朝日47News読売)。
 また、本人の拒否の意思表示の確認については、1).ドナーカードの記載事項、2).臓器提供意思登録システムへの登録、3).家族への聴取・確認で十分としたそうです(CB)。興味深いのは、知的障害者の拒否の意思表示については脳死判定の対象外としていることを維持する方針に対し、町野・水野委員の反論があることでしょうか。

More
[PR]
by vla_marie | 2010-02-19 00:55 | なるほど

インドネシアに臓器売買闇市場?+『死を処方する』

b0035832_18944.jpg 16日の朝日新聞にそのような内容の記事が出ていました(朝日)。紙面では5面に出てます。
 この記事によれば、売買の申込先と施術地が別だったりするようで、現地当局も取締に苦慮している模様。シンガポールが…記事では施術地として挙がってますが。

 来月、安楽死絡みで報告する流れなので、久しぶりにキヴォーキアン(Wiki)の著書を読みなおしです(bk1)。1991年刊(邦訳1999年)。

More
[PR]
by vla_marie | 2010-02-16 20:53 | なるほど

病腎移植の件、「癌でない腎臓摘出された」と提訴(追記

 5日に報道がありましたが、岡山の病院で人的出を受けた女性患者が、病腎移植に絡んで「癌ではない腎臓が摘出された」と市を相手取って訴訟を起こしたそうです(読売)。
 しかし、これ、あまりニュースになってないですよ。ほんとかいな。(最終更新:8 février 2010)

追記:はてなのNATROMの日記というブログに、詳しく考察したエントリーがありました。

 昨日(4日)は京都に講演会を聴講に。

More
[PR]
by vla_marie | 2010-02-05 15:56 | なるほど

はーぷ+メモ(呼吸器外し)

 昨日は先輩の参戦している弦楽四重奏団の演奏会→飲み会の流れ。
 ベト1番と10番のプロでしたが、1stは練習している音がしていて大変宜しゅうございました。

 さて、射水市民病院の呼吸器外し事件につき21日不起訴処分とすることが決まりました(毎日)、時事)。類似のケースとして川崎協同病院の事件では医師に対する有罪の判決が9日確定しています。
 検察と裁判所の方針が一致するわけではないですが、治療停止と死亡との因果関係に主軸をおいて起訴したり罪を確定したりしていく方針なのでしょうかね…これは。

More
[PR]
by vla_marie | 2009-12-27 23:56 | コンサート

順天堂大教授、中国に移植指導?

 タイトルの件。免疫抑制剤の使用を低減する移植術の開発で数日前に名前の挙がった教授が、死刑囚移植が問題視されている中国への技術指導していたと報じられています(47News中国新聞)。

More
[PR]
by vla_marie | 2009-11-27 22:42 | なるほど

『脳の中の倫理』+赤ちゃんポストその後(追記

 我々の倫理、信念はどこでどう生まれるのか、脳神経学者ならずとも関心の高い問題です。
 前回のエントリーからの流れで読み直した、ニューロ・エシックス関係のベストセラー(bk1)。原著2005年、邦訳2006年刊。結論としては、「左脳の解釈装置」が我々の信念を作っている…というのがガザニガの回答です(p.203以下)。

 茂木先生の書評(読売)など、既に内容についてはあちこちで紹介されています。個人的には、脳の強化の倫理的問題につき、ピンカーとサンデルの指摘に応える形で自身の立場を明らかにしている第3章が興味深かく読めました。

More
[PR]
by vla_marie | 2009-11-26 22:39 |

『マインド・ウォーズ』+メモ

 前のエントリーでも紹介しました大御所の著書(bk1)。2006年刊(邦訳2008年)。
 同書では、薬物や電子的手段によって脳に人為的強化を行ったり、あるいは脳と電子機器を接続することで身体的限界を超えるオペレーションを可能としたり…こうした技術が日々開発されていること。そのスポンサーはDARPA(米国防総省国防高等研究計画局)であること。こうした脳神経系の研究に伴って倫理的問題が生じること…が、実際の研究成果を具体的に叙述することで語られます。

More
[PR]
by vla_marie | 2009-11-19 04:03 |

学会@横浜

b0035832_341277.jpg この土日は、主として臓器移植関係の演題を聴きに横浜へ。
 しかし、2日目に、会場へのバスを乗り間違えるというポカをやらかす始末。そして、iPhoneの地図アプリに助けられるという…。

 とはいえ、脳神経倫理学のパイオニアJ.モレノ氏の講演には間に合いました。(参考)。内容的には、発表済みの論考の縮約+最新情報のコメントというもので、初学者向きの解説という趣き。

More
[PR]
by vla_marie | 2009-11-16 22:13 | なるほど

「心臓移植の基準等に関する作業班」初会合+ほか

 13日のニュース(CBニュース読売
 小児から摘出された臓器は小児へ優先提供することは、支持されたとのこと。
 倫理的・法的にそのような要請があるとは思えませんが、効率の問題でしょうかね?
 一方、心臓移植目的で自殺した場合、親族優先提供は禁止(無効とするということ?)するという方向でもあるようです。

More
[PR]
by vla_marie | 2009-11-13 23:57 | なるほど