excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

【インド】代理出産を合法化?

 27日に時事通信が伝えた所によると、外国人の依頼のケースも含む法案が作られたとあります(時事)。
 詳細不明。インドに知り合いが居られる方に聴いてみるのが良さそう。
[PR]
by vla_marie | 2008-09-30 23:11

倉東100周年記念コンサート

b0035832_23132241.jpg このような素敵な企画を練りだしてくれる我が倉吉市は偉大であります。
 そして、終わりました。延べ3時間にも及ぶ、重厚長大(?)イベントが。

 アンケートを読む限り、やはりオケで「校歌」を演奏するのは非常に受けが宜しいようです。長過ぎるとの声もありましたが、そりゃそうですね…。ご来場ありがとうございました。
 裏方のI氏やサムゲ氏、マニアックな曲のコンマスをやってくれたM氏は、ホントお疲れさまでした。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-28 23:58 | コンサート

『パコと魔法の絵本』

 20日にグランキューブで臓器移植関係の国際大会があったそうですが、関係者の皆さんは行かれましたか?私は今回不参加でした(残念)。
 多分A先生は参加したハズなので、詳しいことはまた今度聴いてみよう。


 週が変わって若干体調が回復したので、『パコ』を見てきました(公式)。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-24 19:50 | 映画

『憲法で読むアメリカ史』

 アレルギーの悪化かと思いきや風邪をひいていたみたいです。今週は、耳鼻科で薬を貰って療養の巻。来週までに完治させたいものです。

 さて、生命倫理学関係では今尚圧倒的に英米系の論者が幅を利かせている訳ですが、なんだかんだで議論が行き詰まってくると必ず出て来るのが「アメリカ建国の思想」とかいうものだったりします。当然ながら日本人がそんなものを内蔵している訳ではないし、きちっと理解しているのかも怪しい訳ですよ。

 じゃあ、『フェデラリスト』でも読めば良いのかと言えば、1冊読んで「ほぅ」と納得できるものでもなかったり。そこで、いくつかのアメリカ史の本とか論文をちらちら読む訳ですが、阿川先生の書かれた本書(bk1)は、かなり面白く(上・下2巻組ですが)一気に読めます。2004年刊。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-20 22:02 |

病腎移植を求めて訴訟をするとかいう話の続報

 実家に帰っていてニュースを見忘れましたが、12〜13日あたりに、透析患者らが「病腎移植を受ける権利」を求めて訴訟を起こす準備をしていると報じられたようですね(毎日47News産経)。コレ、数ヶ月前にもごく一部で報道があったものの続報だと思います。
 しかし、意外にニュース記事が引っかかりません。あまり大きく採り上げられなかったのでしょうか?
 また、「病腎移植を保健診療として受ける権利」の確認も訴訟で争う方針だ、と報じられています(産経)。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-17 23:31 | なるほど

病院演奏會終了

 「弦楽の為のアダーヂォ」。チェロの先輩が前から是非やりたいと言っておられた曲をメインに病院演奏會をやってきました。個人的には2度目です。なんか、曲間で拍手が発生しましたよ。映画『プラトーン』でも使われていたので知っている方も多いかと思っていたのですが、もう古い映画だからなんでしょうかね?
b0035832_2243249.jpg 前日別の演奏會の練習もあったおかげで疲れていたようで、自分は鼻炎と腹痛に悩まされていましたが、録音を聴くと限り"まだ改善の余地はあるけどなんとか"って感じですか。入りが分かり辛いこの曲を指揮をしてくれたとーま氏は、ホントお疲れさまでした。
 打ち上げまでの待ち時間にC型肝炎の研究室を見学。
 歴史のある古風な建築物に、厳めしい鋼鉄の機械。なんか、秘密結社地味ていてかっこ良かったです。さらに、すごい臭い。
 えぇ、「このトイレは無い」と思いました。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-16 04:49 | コンサート

iPS細胞に国内特許成立らしい

 Web上のニュースで知りました(朝日読売産経毎日)。
 今回(11日)特許が認められたのは、1).4種の遺伝子を導入する方法で、2).国内特許であり、3).細胞の”製法”に関する特許ということみたいですね。

 そう言えば、平凡社の新書でiPS細胞の本が出ていました(平凡社)。
 本家山中先生の対談集も出ていますが(集英社)、新書サイズで安価ってこともあるのか、平凡社のやつは既に売り切れだそうで。はい、私も未だ読んでいません。。。
[PR]
by vla_marie | 2008-09-12 23:39 | なるほど

NNNのドキュメンタリー『生殖ビジネスで母になる』

 録画していたものの、昨晩結局リアル・タイムで見てしまいました(NNN公式)。体調不良も手伝って、今日は凄く眠いです。
 卵子・精子提供や代理出産で子供を得た女性orカップルを取材したドキュメンタリー番組でした。消えてなければココに本編が…。たしか、昨年も似たような番組を作成していたはずなので続編になるのでしょう。

 この手の話題は多くの人の興味を惹くものですが、どれもこれも”成功例”が取材対象であることには注意して見た方が良いかもしれません。もとより、失敗した例や裁判沙汰になっているケースは取材しにくいのでしょうけど。基本的に成功者が肯定意見を述べ、取材側がそれに対して尚課題があることを事例で紹介するという構成になっています(ex.ベビーM事件やインドで今話題の代理出産事件など)。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-09 19:40

『グーグーだって猫である』(追記

 実に3ヶ月ぶりくらいに映画を見に行った気がします(公式)。原作は読んでいません。

 うーん、”ありがち”なハードルやイベントを通じて、日常的に生きていることの幸せ(その裏にある死)を考えてもらおうというのが筋なのかな?ほのぼのした柔らかい表現と、適度なコミカル要素、そしてシリアスに密度を詰めすぎない”ゆるさ”が、主人公と同年代の女性には受けそうです。ええ、昨日は公開初日でしたが、客層も30〜40代の女性が中心でした。多分猫も飼っているんでしょう。
 私にみたいにソリッドな表現を好む向きにはやや”たるい”と感じられますが。そもそも、そういう人は客層として考えてないのでしょう。(最終更新: 8 septembre 2008)

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-07 16:48 | 映画

『人命の脱神聖化』

 切れ味抜群、刺激的な主張で学会をリードする功利主義生命倫理学者P.シンガーの邦訳書(bk1)。原著2002年、邦訳2007年。全訳ではないのですが、邦訳未出のものが中心なので持っておくと良いかもしれないです。浅井先生ほか、その筋では有名な先生方が訳されていることもあって、訳が丁寧!

 生命倫理学におけるシンガーの立場は、いわゆるパーソン論の1つとして日本では理解されていると思うのですが…シンガーの言うところの「人格」概念が一般的な用法や法学で使われるものに比べてかなり広いものであることは、あっちこっちで指摘されています。この点が特に特徴的に現れるのが「種の平等-動物の権利・利益-」の主張であり、彼は、快苦の感覚を持つか否かというポイントに着目して彼ら(動物)が生物学的利益を持つと言うばかりか、高等哺乳類(チンパンジーなど)には人間以外の「人格」をも唱えます。
 シンガーの「人格」概念につき、Webの邦語で読めるものとして、熊本大の紀要に掲載された加藤論文などがあります。ほか、動物の権利について、「全ての動物は平等である」もフリーで入手できます(英語;これは1974年の初出版?)。後者については、本書第11章に新訳があります。また"Animal Liberation"と題された論説も入手可能です(英語;1990年)。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-04 23:27 |