excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

『チームバチスタの栄光』

 本日は早めに帰宅してタイヤの衣替え+修理に行ってきました。
 ディーラーが混んでいたので待たされるかと思いきや、直ぐに終わったので帰りに久々に映画を(公式)。

 説明要らないと思いますが、立て続けに起こるバチスタ手術失敗の原因究明を巡るミステリー作品ですね。
 見終わって…こういう医療関係ものでありがちなシリアスな人間ドラマとかそういうのはあまり無く、エンタメ方面に振ったコミカルな描写が多いように思いました(原作読んでませんが…)。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-03-31 22:19 | 映画

タウリスのイフィゲニア

b0035832_1943415.jpg 知人の誕生日ということで、ポルトバザールでプレゼント探索。新幹線を利用したので、ほぼ価格面での恩恵は無いですね。実は初めて来ました。
 モノは多いですが、買物と食事に関する施設しか無いのですな。これだと1日潰すのは無理そうです。早々に帰宅。

 HDDレコ内に放置してあったグルックのオペラ『タウリスのイフィゲニア』をようやく見ました。家事をしながら…ですが。
 オペラ好きにはイタモノ好きが多い様な気がしますが、あの昼ドラ的展開に奇麗な音楽という世俗感溢れる世界が、私は苦手なのです。では、このグルックの作品はと言えば、ギリシア神話の悲劇を扱った結構硬派な作品。逆に、宗教観や世界観を異にする日本人が見て面白いのかどーか疑問だったりします。
 クリスティの音楽は、雰囲気ありましたが。。。
[PR]
by vla_marie | 2008-03-29 23:34

『いのちの始まりの生命倫理』

b0035832_18144371.jpg 先週末免許更新のために実家に帰ったときに撮影したコナン君。相変わらずの人気者のようです。だけど、私は青山剛昌記念館にはまだ行ったことが無いです。

 さて、読書メモ。
 宗教学の立場から、総合科学技術会議の委員としてヒト胚の生命倫理問題に関わった島薗先生。氏が、これまでの議論の経緯と問題点の炙り出しを行なったのが2006年に刊行された本書です(bk1)。内容確認のために読み直ししました。最近直ぐに読んだ本の内容を忘れてしまうんだよな…。

 この本では、科学技術会議生命倫理委員会から総合科学技術会議生命倫理専門調査会を経て、1997年から2004年に及ぶ国の審議が扱われています。議論の結果として作成された報告書のうち、2004年7月のヒト・クローン胚の作成・利用を認めた最終報告書(薬師寺案が示されたのは6月)には、結論ありきの委員会の運営方針を巡って様々な批判が為されましたが、委員の立場から内情を良く知る島園先生のこの著書でそのへんの経緯がかなりよく見えてくることと思われます。
 その後、韓国の論文捏造事件で一旦議論がストップ。2007年12月4日に文科省生命倫理・安全部会の作業部会が改めてヒト・クローン胚の作成・研究にGOサインを出し(iza)、再び総合科学技術会議で議論が為されています(生命倫理調査会)。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-03-28 23:48 |

2010年三菱化学生命科学研究所解散 ほか

b0035832_1405482.jpg 月曜にNHK「知るを楽しむ」『悲劇のロシア』が完結しましたが、最終回はショスタコーヴィチでした。レーニン独裁の下で作曲家がいかに個人を表現し得たか、その「二枚舌」が解説されており、面白かったです。31日の午前5:05〜に再放送がありますので、見逃した方はそちらをどうぞ。

 以下メモ。
 24日にタイトルの件について報道がありましたが、実質的にはリストラに近いものがありますねコレ(日経)。170名もの研究員の行き先は何処へ。。。

 再生医療関係。2007年度朝日賞受賞の山中教授の講演全文がasahi.comに掲載されています(第1回第2回第3回第4回第5回第6回)。既にあちこちで報道されている内容と被っていますが、分かり易くまとまっているので一読するのも良いかと。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-03-27 07:13 | なるほど

『生と死の倫理』

 先月末に日本医師会が『終末期医療に関するガイドライン』を示した他、2007年9月には厚労省が類似のガイドラインのたたき台についてパブリックコメントを募集(厚労省)、救急医学会も2007年11月に『救急医療における終末期医療に関する提言』を公表するなど、終末期医療の在り方、特に「治療(?)停止」に関して、法制化以前に各種の動きが見られます。また、(遅々として進みませんが)臓器移植法の改正についても、熱心な活動が続けられていることが報じられています。

 こうした動きを反映してか、ピーター・シンガーの著作(bk1)が日経でも紹介されていました(NB Online)。原著1994年、邦訳1998年(阪大の樫先生訳)と割と昔の本ですが…「生かさなくて良い命がある」という彼の主張は、(今なお)刺激的だと紹介しています。しかし、この本も邦訳書の流通が最近怪しくなってきているんですが…。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-03-25 09:18 |

Leopard導入 ほか(追記

b0035832_12154089.jpg 週末にAppleWorksのデータベースの不具合解決に取り組みました。しかし、再インストールでは直りませんでした。最終手段としてOSを入れ替えることに。これでダメなら、貯金を崩してFileMaker購入になる予感。
 どうせなら…とLeopardを突っ込んでみました。あろうことか、これで直ってしまうとは思いもしなかった訳ですが、若干不安定ながら通常の作業は続行できるようになったので一安心。他の方は「Leopardにしてから不具合が出た!」という方が多いのに、うちでは逆です。

 ASCIIの記事を手がかりにアーカイブ・インストールを試みましたが、やたらと時間がかかった(3時間ほど)以外には特に問題無し。TimeMachineは、最初の設定に時間がかかるので今のところ使っていません。今晩にでもセッティングしますか。
 便利なのがこちらの記事でも紹介されている「辞書機能」。FireFoxでも似たようなことが出来ますが、小学館の辞書登載というのがOSXの売りですかね。残念ながらうちのMac mini(CoreDuo)環境ではメモリが少ないせいか、やや動作が不安定ではありますが…。


More
[PR]
by vla_marie | 2008-03-24 12:16 | なるほど

バッテリー終了のおしらせ

 拙者の「生きる」バッテリーではなくて、車のバッテリーが終了しました。
 ディーラーに連絡してみたところ、交換コースとのこと(恥。26B17L→40B19Lに増量との話になりまして、先程作業が終わりました。これ標準サイズが、かなり小さいらしいですね。ナビとかキツそうですよ。

more
[PR]
by vla_marie | 2008-03-22 11:52 | お買い物

『ヒューマン・ボディ・ショップ』 ほか(追記

 事務処理と文献の整理整頓が溜ってしまっているので、今日もラボへ…あれ?鍵が開いている。。。
 運良く(?)、事務の方が廊下に居られたので質問して見ると、「祝日なので鍵が開けっ放しなのは、本当はおかしいんですよねー。」と。セキュリティとか防犯とかが叫ばれる御時世に、なんともアバウトでした。

 法律家兼哲学者のA.キンブレルの著作『ヒューマンボディショップ』を古書店で発見したので購入(bk1)。原著1993年、邦訳1995年刊。既に通常のルートでは入手が困難になっている本です。

 本書は、臓器や血液の売買、人間部品産業、生殖補助医療…などなど生命倫理に関する現代的トピックを俯瞰しつつ、この問題に対する注意を喚起する内容となっています。最近話題になる利益相反行為の問題にも早くから触れるなど、かなり広範多岐に渡って情報を提供してくれるのが魅力かと。ただ学術書として見た場合は、脚注が一切無かったりして物足りない部分は多いでしょう。読み物としては(今でも)それなりに面白いです。翻訳の過程で写真の追加などが行なわれているようなので、そこで脚注の類いが落ちたのかも…。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-03-20 18:19 |

【中国】脳死概念を正式採用→移植OKに ほか(追記

b0035832_20544711.jpg ここのところ生活が荒んでいたので、気分転換に花屋へ。チューリップを見ていたら「温度管理が難しいよ。」とアドバイスを受けたので、次善の策としてカーネーションを選択しました。
 さて、心機一転…まずは書類の整理から(泣。

 ニュースメモ。まず、タイトルの件ですが11日付けの記事を読むところ、確実に決まるのは4月になりそうです(北京週報)。
 目的が移植数の向上となかなか露骨ですが。たいした議論も無く決まる予感。

 次は再生医療関係から。
 12日、東大医科研グループがES細胞を用いて、マウス体内での臓器再生に成功と報がありました(東京新聞)。昔は立体的な臓器を作るのは難しいと言われてきましたが、この10年でかなりの進歩がありますね。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-03-17 20:56 | なるほど

ワルトシュタイン

 昨日は不備の多い報告で公開処刑。ほんと、自分のふがいなさに情けなくなります。

 本日は先輩の送別会でした。自分の美的感覚に大きくインパクトを与えてくれた方でしたが、遠く離れた島へ渡ってしまうとのこと。
 何だかしんみりしました。

 『進むべき道はない、だが進まねばならない』とは、イタリアの現代作曲家ルイジ・ノーノの楽曲です。今私が置かれている立場もソレ。何はなくともやらねばなりません。
 そんなこんなで「空元気は元気」でもテンションをageるのに私が使っているのが、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「ワルトシュタイン」だったりします。飲み会の席でも、同意見の同士がありましたが、いや、しかし…世の中には凄い才能もあったものですな(YouTube)。
 最早、別の曲…。個人的なお薦めはブレンデルです。
[PR]
by vla_marie | 2008-03-16 23:57 | CD,DVD