excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

『法と遺伝学』

 和田幹彦センセが中心となった『法と遺伝学』(法政大学現代法研究所叢書、2005年)を読了(bk1)。
 出たばかりの頃に入手して斜め読みしたものの、この前雑誌で紹介記事を見たので再読。
 生命倫理と法学とか、生命倫理と心理学とか、そういう領域横断系の書物はここ10年位大量に出回っているものの、欲張らずに遺伝学にポイントを絞ったのが評価された所以か?とはいえ、似たような本も何冊か所持してはいるんだけども。。。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-09-27 05:23 |

太鼓×オーケストラ

 昨日は太鼓のアツイグループとオーケストラとのコラボ企画に参加してきました。
 結論、音量では勝てないなと。
 マイクを立ててたのですが、やっぱり生音量の差が相当あったようです。

 楽譜がかなり小さい印字の上照明を派手に使うので、かなり悪戦苦闘しましたが…面白い体験だったと思います。
 誰も関係者は観戦に来ないものと思っていたら、某大先輩が会場に現れて…吃驚しましたよ。

 この週末は、東京やら和歌山から後輩が帰国していてたくさんイベントがありました。
 流石に今日は疲れ気味です。
[PR]
by vla_marie | 2007-09-24 22:42 | コンサート

【海外・国内】ストリーミングTV番組を視聴するアプリ

 日本でインターネットTVと言えば、Gyaoが最も有名ですが…OSXやLinuxに未対応なので話になりません。
 Windowsマシン、私は1台も持ってないのですよ。
 しかしながら、この手のネット上のストリーミング放送ってのは国内外に一杯ある訳で、その殆どは(必要なアプリさえあれば)Macでも視聴できます。でも、いちいち放送局のサイトをブラウザで行き来するのがめんどくさいのも事実。
b0035832_10020.jpg


 そんな中で、フランス製のCocoaJTという便利なものを発見しました。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-09-20 03:03 | フランス語

山下洋輔×渡辺香津美

 昨日はJAZZのコンサートへ。
 生憎の雨で会場内は湿気が酷く、音響的にはあんまりよろしくなかったです。

 会場は7〜8割の入りで、どういうチケの捌き方をしたのか…やたら人が一杯居るスペースとガラガラの場所がくっきり別れていました。
 きっと後援企業の買い上げた席なんでしょうけど…、やっぱりフリー・ジャズ×フュージョンという濃い組み合わせだと、好きな人しか聴きに来ないってことなんでしょうね。。。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-09-17 23:52 | コンサート

『公共哲学8 科学技術と公共性』

 アポロ以降最大の月探査プロジェクトとなる月観測衛星「かぐや」の打ち上げが成功しましたね。
 「コスト-ベネフィット」を考えれば、宇宙開発にそれほど経済的価値があるとは到底思えませんが…何より夢があります。

 さて、昨日-今日と部屋の掃除をしていて、まだ終わっていません(汗。
 積ん読になっていた佐々木毅・金泰昌 編『公共哲学8 科学技術と公共性』(東京大学出版会、2002年)を発掘したので斜め読みを(bk1)。

 この本が出版されたのは2002年ですが、元になる第26回公共哲学共同研究会は2000年に行われています。
 そう、国産H-IIとM5ロケットが相次いで失敗した年。ヒトゲノムの解読競争があった年。三菱や雪印の不祥事が公になった年。そして、懐かしいコンピューターの2000年問題があった年です。
 他にはラエリアン・ムーブメントのヒト・クローン作成の話題や、前年(1999年)のJCO臨界事故等も話題になって居た時期です。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-09-14 18:33 |

『法の再構築III 科学技術の発展と法』

 城山英明・西川洋一 編『法の再構築III 科学技術の発展と法』(東京大学出版会、2007)を入手して読みました(bk1)。
 既に研究会等で発表済みの論考が含まれており、知っている話も多かったのですが、書誌に纏まると便利です(もうちょっと安いと、もっと助かるのだけれど…)。
 個人的な関心から面白かったのは、西川洋一センセの「科学技術の発展と西洋法の歴史的伝統」という論考。以下要約。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-09-12 11:34 |

♀12

 人気低迷と日本国内の事務所倒産で、(別の意味で)話題になっている女子十二樂坊を見てきました(参考)。
 所属事務所の後輩である楊玲楊晶と、EMI繋がりでの助っ人ジョルジア・フマンティを迎えての演奏会。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-09-10 23:38 | コンサート

徳州会調査委、病気腎移植を容認(追記

 病気腎移植を巡る徳州会調査委が、「病気腎移植は有効性あり→臨床研究として継続」の方向で最終報告書を纏める予定である、と報道されていました(読売毎日)。

 臓器移植法の運用指針改訂では、臨床研究に限り例外的にOKとすると報道されていますが>病気腎移植。
 第25回臓器移植委員会議事録なんかを見ると(リンク)、内部でも結構ここんとこ議論された様子。(最終更新:11 septembre 2007)


More
[PR]
by vla_marie | 2007-09-10 01:07 | なるほど

ベートーヴェン祭、再び

b0035832_655571.gif 本日もベートーヴェン祭を観戦に行きました(2週間前の記事の演奏会と同内容別会場)。
 とても良かったですよ。
 2週間の間に何があったのかと思う程、一段階引き締まった演奏。
 おかげで「仕掛け」がよく見えて、楽しめました。
 久しぶりに感激しましたよ。

 で、帰ってベト4聴いてますが、最近のBPOの木管は良いですねぇ。
 透明感がすこぶる際立っております。
 どうやったらあんな音が出るんだよ…。
[PR]
by vla_marie | 2007-09-08 23:10 | コンサート

また、妊婦受け入れ拒否が発覚(追記

 千葉の事例(読売)、札幌の事例(東京)が出て来ています。
 個別の事例が良くわからないので何ともいえませんが、氷山の一角でしょうね。

 奈良の事故を受けて、広域連合での受け入れを前倒しして実施する府県が9つほど出て来た模様ですが(読売)、予期せぬ前倒しに現場では混乱がある様子です(読売)。ついでに解説もリンク(読売)。
産科医療の不備の中でも、特に病院間の連携の悪さと勤務医の待遇に問題があるから改善しろって声が多いですが、個々の事例を分析しないとどうにもわからんですよね。
 もしそうした事例の中で奈良のケースのような「かかりつけ医が居ない」ものが多いのであれば、まずもって懐胎・出産に伴うリスクを広く知ってもらうこと、また救急医療の趣旨とシステムをもっと知ってもらうことが必要な気もします。
 って、あれだけ広報してもHIV患者が増え続ける日本なので、効果があるのかどうか疑問が無いでもないですが(ぉ。
(最終更新:7 septembre 2007)


More
[PR]
by vla_marie | 2007-09-06 11:58 | なるほど