excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:映画( 41 )

『ジョジョの奇妙な冒険〜ファントム・ブラッド』

 携帯が壊れる数日前にJOJOの劇場作品を見てきましたよ(公式)。密かに荒木ファンなので。

 この手のコミックが原作ものは、「原作を知らなくても楽しめる作品かどうか」という点と、反対に「原作の設定をどう生かしているか」といった点はチェックして見ることになりますよね。否が応でも。

More(ネタバレ注意)
[PR]
by vla_marie | 2007-04-03 17:46 | 映画

『パフューム』

 民法の先生方と見に行きました(公式サイト)。
 端的に言えば、「匂いフェチの天才調香師が、♀の香りに惹かれて殺人を犯してしまう」って話です。

 当然のことながら、映画には匂いはつきません。
 そういった制約のある中で、どうやって「香り立つシーン」を描き出すかがこの作品のキモだ、ということは皆さん注目するところですよね。
 とは言え、詩や文学が情景を描くのと同様、「メディアの性質上、本来的に利用できない五感の感覚」を他の感覚に訴えかけることで「想起」させることは、決して特殊なものではないと思います。

More(ネタバレあり)
[PR]
by vla_marie | 2007-03-14 23:54 | 映画

『クリムト』

 昨日病院での診察の後、薬を服用→小康状態となったので、映画を見に行ってきました。

 世紀末ウィーンを代表する画家の一人、グスタフ・クリムトを主人公にした映画『クリムト』を見ました(公式サイト)。
 こんな絵を描く方です、見たことある方も多いですよね(リンク)?アバドのウィーン・フィルとのベートーヴェン全集でCDジャケットに採用されていたのもクリムトです。
 本作は、死にかけで床に臥せっているクリムトの回想として作られています。
 パリで名声を得るものの、保守的なウィーンでは批判にさらされ、そして分離派を創設〜というクリムトの後半生のエピソードを、現実と妄想の世界を交錯させつつ(適切な表現で言えば)切り貼りした作品です。
 だから、まとまりのある伝記映画と思って見ると肩すかしを食らうこと受けあいかと(笑。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-03-06 06:54 | 映画

『マリー・アントワネット』

 ソフィア・コッポラ監督の最新作、見てきました(公式サイト)。
 今回はフランス系の民法ゼミのメンバー&教授と一緒に。色々研究関係の話もしまして面白かったです。

 映画は、コッポラ娘節の色濃い作品で、プレミエ上映で大ブーイングがあったのもわかる気がしました。歴史映画とは言え、ポップ・カルチャーの要素を盛り込む辺りが特に。音楽もポピュラー音楽を多用していて、彼女の作品を知らない方からは「有名なエピソードの継ぎ接ぎを、アントワネット視点で描いただけ…」と言われても仕方が無いかもしれません(ラモーやクープランなども使われていたけれど…)。
 皆、腑に落ちない感じの表情で見ていました…。

 これからこの映画を見に行かれる方には、歴史的背景を押さえるだけでなく、ソフィア・コッポラ作品を事前に見ることをお薦めします。でないと、あまり楽しめないかと…。
[PR]
by vla_marie | 2007-02-02 13:13 | 映画

またまた今更ながら『デスノート〜後編』

 人混みが嫌な上、先月は忙しかったこともあって見に行くのを半ば忘れていたのですが、某予定Aと某予定Bの間に空白の時間が生じてしまったので、「コレ、幸い。」とばかりに見てきました。作品の内容はオフィシャルでどうぞ(公式サイト)。

More(ネタバレあり)
[PR]
by vla_marie | 2006-12-14 06:58 | 映画

『太陽』

b0035832_0275699.jpg 体調がまた悪化しています。熱は無いのですが、咳が薬(漢方)で抑えられません。
 しょうがないので、今日から咳止めをコデインに変更してもらいました。お腹の調子が悪くなるので乗り気ではなかったのですが、咳をする毎に体力を奪われるのでしょうがないです。

さらに、親が心配してゆずを持ってきてくれたので、とりあえず風呂に投げ込んでみました。ついに、民間療法も導入…ということになるのでしょうか?



 本日はアレクサンドル・ソクーロフ監督の『太陽』を見てきました。
 調子はイマイチだったのですが、他に行く日も無いし公開終了も迫っていたので…ちょっと無理をして出かけてきました。同行者に「顔色悪いよ!」と言われながら。。。
 まだ公開中なので、詳細なプロットを書くのは止めておきます。あらすじは公式サイトでどうぞ(リンク)。

More
[PR]
by vla_marie | 2006-11-22 23:23 | 映画

『スーパーマン・リターンズ』 + メモ書き

 最近はバリ朝方なので、一日が長く感じますよ。
 昨日も図書館が開館してから閉館するまでみっちり勉強してました。いやぁ、思いつきで刑法分野のあることを調べているんですが、なかなか資料が多くて…┐(゚〜゚)┌

 『スーパーマン・リターンズ』を見てきました。F1ドライバーのデビッド・クルサードが宣伝していたので(ぇ。
 公開中の映画に付き、作品のプロットは
公式サイトにて!

More
[PR]
by vla_marie | 2006-09-23 07:33 | 映画

『ゆれる』

 昨日は、オダギリジョー主演の『ゆれる』を見てきました(公式サイト)。
 家族だから、兄弟だからお互い分かり合っているということばかりではなく、血を分けた中にも嫉妬や不信感はあるんだ、ってことをエグく表現した作品…なのかな?心の中のもやもややが個人的主観を形成して、それによって、事件の証言の中で二転三転していくという場面の描写が”巧さ”を感じさせる作品でした。

 まぁ、テーマとしては既に扱われている問題だし、作品自体にもいかにも「低予算」を感じさせる部分が無くはないのですが、オダギリジョーと香川照之がともに熱演で作品の質を引き上げている感はありましたね。

More
[PR]
by vla_marie | 2006-09-12 20:27 | 映画

『ゲド戦記』→ツンデレ

 あっちこっちで賛否両論、というかむしろ否定的意見が多い作品ですが、見てきましたよ。原作は一応昔読んだはずなのですが、記憶がありません(3〜4巻あたりの話だと思いますが、大分原作とは違うような…)。
 詳しいストーリーについては、公式サイトでどうぞ。

More
[PR]
by vla_marie | 2006-08-28 23:45 | 映画

『笑う大天使』

 土曜日は、とーま邸で飲みでした。絡んでしまった皆さんごめんなさい。

b0035832_15354619.jpg そして日曜は、頭が痛いまま映画を見に行ってきました。川原泉原作の
『笑う大天使(ミカエル)』を。
 川原ファンだと言うお姉さんに誘われていたのですが、「車を出してくれ」とのことで、ふらふらになりながら運転して行きましたよ(危!
 写真は、近所のハワイアン・カフェで食したロコモコ。価格の割に結構美味しいくボリュームもある…というか、量的に日本人サイズではないような…。


More
[PR]
by vla_marie | 2006-08-28 15:44 | 映画