excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:映画( 41 )

『チームバチスタの栄光』

 本日は早めに帰宅してタイヤの衣替え+修理に行ってきました。
 ディーラーが混んでいたので待たされるかと思いきや、直ぐに終わったので帰りに久々に映画を(公式)。

 説明要らないと思いますが、立て続けに起こるバチスタ手術失敗の原因究明を巡るミステリー作品ですね。
 見終わって…こういう医療関係ものでありがちなシリアスな人間ドラマとかそういうのはあまり無く、エンタメ方面に振ったコミカルな描写が多いように思いました(原作読んでませんが…)。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-03-31 22:19 | 映画

『L change the World』

 『DEATH NOTE』からのスピンオフ作品(公式)。公開日に映画を見に行くなど、何年ぶりか。
 この作品、「人気作とは言え、ちょっと引っ張り過ぎだよね」と思ってたのですが、なんだかんだで気になるのでさっさと見に行きました。
 ↓結果…

More
[PR]
by vla_marie | 2008-02-10 01:32 | 映画

『4分間のピアニスト』

 雪で車の流れがおかしくなっている中、なんとか間に合ってみることが出来ました(公式)。クリス・クラウス監督が長年の準備の末に完成させた話題作。
 ヤサグレている小生は「映画の前評判なんて宣伝が半分」だといつも思っているのですが、まさにそんな作品でした。微妙。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-01-28 22:38 | 映画

『グレン・グールド 27歳の記憶』

 連日映画鑑賞などいつもはやらないのですが、訳あって昨日も映画館へ。
 今日はグレン・グールドの生誕75周年記念フィルムとやらを観ました(公式サイト)。
 始まって数分。。。これ以前、見たことあるかも?

More
[PR]
by vla_marie | 2007-12-14 04:49 | 映画

『sadistic mica band』

 ミカ・バンドと言えば、70年代前半の日本の音楽シーンを語る際に常に登場する大御所中の大御所な訳ですが、昨日はそんな彼らの音楽ドキュメンタリーを観てきました(公式サイト)。

 中心となっているのは2007年3月の再結成・NHKホール・ライヴ。それに、メンバー各人のインタビューを継ぎ接ぎした作りで、”いかにも”音楽番組の特番とかでありそうなロートルな作りにガッカリです。正直愕然としました。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-12-13 18:21 | 映画

『シッコ(SiCKO)』

 本日最終日ということで、無理矢理時間を作ってマイケル・ムーア監督の『シッコ』を見てきました(公式サイト)。
 アメリカの医療保険制度を扱ったこの作品。今までのムーア監督の作品の中でも際立ってドギツくシニカルな描き方をしています。
 米国の「悪い」ところと、外国の「良い」ところを際立たせて描いているので、ちょっとフィルタの掛け方が作為的過ぎる嫌いがあるのです。
 しかしながら、米国の医療保険制度が非常に特殊で、国民にとってそれほど使い易いものでないのは確かでしょう。
 映画館に入ってみたら…客の殆どが高齢の方だったのでちょっとびっくりしました。平日の昼は学生か高齢者が多いものですが、高齢者ばかりとは…。
 昨年日本でも(第三分野の)保険会社の不当不払いが問題になったばかりですし、他人事じゃないんでしょうね。


 アメリカの保険制度は、高齢者向けのメディケア、低所得者向けのメディケイドを除くと公的な医療保険制度が無く、多くを民間の医療保険に頼っていることが特徴です。そのため、民間の保険に入れない無保険者が約5,000万人にのぼることが問題にされています。
 しかし、この映画が対象にしているのはむしろ幸運にして保険会社に加入を断られなかった「保険加入者」の方なのです。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-11-16 22:29 | 映画

『吉祥天女』

 仕事が早く終わったので、こっちでは今週一杯上映されているという『吉祥天女』を見に(公式サイト)。
 原作は吉田秋生のコミック。昨年TVドラマにもなっていたけれど、そっちとはキャストや設定が違うようです。僕はTV版は見てないのですが…。

 昭和45年の金沢が舞台。
 天女伝説を持つ地元の有力者叶家と建築企業遠野家とが、互いの財産を狙っている。
 妖艶な美少女小夜子が、叶家-遠野家の政略結婚の材料として帰郷するが、そこから両家に異変が…という心理ミステリー作品です。
 詳細は、公式サイトを参照のこと。


 監督は、同じく吉田秋生原作の『ラヴァーズ・キス』を作った及川中とのこと。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-08-06 23:33 | 映画

ケネス・ブラナーの『魔笛』

 モーツァルトの作品を、英国の演劇俳優が映画化した話題作。
 ほんとは違う映画を見る予定だったのに、上映時間に間に合わず代わりに見ました(公式Web)。

 正直、全然期待していなかったのだけど、これは面白いです。
 特に『魔笛』をオペラで見たことがある方にこそオススメ。
 モーツァルトの世俗性だとかコミカルな部分に光を当てて、『魔笛』のエンターテイメント性をブラック・ユーモアたっぷりに描き出しています。パパゲーノの馬鹿っぷりがほんと笑えます。
 もはや、これは映画ではなく、「新演出」と言った方が適切な気がします。

 逆に、「オペラって見るの大変だけど、映画なら最後まで見ることができるかな?」という安易な気持ちで見るのは…全く駄目だと思います。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-08-01 23:53 | 映画

『善き人のためのソナタ』

 東ドイツの国家保安機関シュタージを扱った話題の作品(公式)。某所で資料検索をしたついでに見てきました。
 公開中作品なので、プロットは公式サイトを参照のこと。

 壁崩壊以降、東側のドイツを撮る作品は結構多いように思うのだけど、シュタージを正面から扱ったものはこれが初めてのようです。
 東ドイツ監視社会の描写としても興味深かったです。というか、陰鬱なシーンが延々と長々続くので、感動的なシーンに至るまでがかなり苦痛です(それも計算の内なのでしょうけど)。

 ただ、東ドイツの社会体制についてかなりネガティブな評価を持って作品を制作している節が、あちらこちらに見られまして…そこのところは異論もある様な気がします。我々西側の「自由」を謳歌している者にとってはそうした評価が妥当かもしれませんが、東側に住んでいた方はどんな思いでこの映画を見たのでしょうかねぇ。
 暇があればドイツのサイトでも覗いてみるのだけど…今忙しいので、誰か代わりにやってみてください。で、教えてたも(ぇ。
[PR]
by vla_marie | 2007-05-01 22:10 | 映画

『ブラック・ブック』

 頭痛が治りません。なんだかストレス性の予感がしますが、もうすぐGWなのでそこまでは引っ張るつもりです(ぉぃ。

 今日は勤務だったのですが、帰路で映画を見てきました。ヴァーホーヴェン監督の『ブラック・ブック』(公式Web)。
 第二次世界大戦下のオランダを舞台にしたサスペンス作品です。

 正直、かなり疲れていたので、途中で眠っても構わないと思って見に行ったのです。
 しかし、これは面白かった!結局最後まで眠らずに鑑賞できました。

More
[PR]
by vla_marie | 2007-04-23 23:55 | 映画