excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:映画( 41 )

『ジーン・ワルツ』


 話題だったので、無理矢理時間を作って見て来ました(公式)。

 この作品には、代理母出産の問題だけでなく、産科医療関係の最近のニュースがふんだんに取り入れられています。トレンドを押さえて、多くの人に興味を持ってもらえるようにとの、仕掛けでしょう。

More
[PR]
by vla_marie | 2011-02-15 10:28 | 映画

『ネコを探して』


 これ、見てきました(公式)。
 本国ではTV放送のドキュメンタリー番組だったものを、日本語字幕をつけて劇場公開した作品です。

More
[PR]
by vla_marie | 2010-09-13 01:22 | 映画

『イヴの時間』

 一昨日は研究会でした。
 えぇ、私の報告はヒヤヒヤものでしたが、近年まれに見る大入りで、研究会自体としては成功だったと思います。

 書くのを失念していましたが、先日『イヴの時間』の劇場版を見てきました。
 

More
[PR]
by vla_marie | 2010-06-28 22:11 | 映画

金沢大医師が渡航移植業者と接触+のだめ劇場版(前編)

 先のエントリーと関係のある話ですが、金沢大の医師が渡航移植仲介業者に「ヤミ移植」の協力を求められていたことが、12日明らかになったとのこと(47News中国新聞1中国新聞2)。この業者は加藤紘一氏とも接点があった模様です。

 まだ色々不確かな情報が飛び交っているようですが、今月17日には改正臓器移植法が一部施行される運びになっていますし(毎日)、こうした渡航移植の問題は積極的に解明していくべきだと思います。
 というのも、こうした倫理的に問題のありそうな渡航移植に対処する形で、渡航移植の制限謳われ、そのことが臓器移植法の改正の大きな原動力となったわけですから。
 話は全然変わりますが、夕刻にのだめ劇場版見てきましたよ。


More
[PR]
by vla_marie | 2010-01-13 20:35 | 映画

『ウォー・ロード』


 首の痛みが最近出ていて困りものなのですが、誘われたので見てきました(公式)。
 清朝末期。太平天国の乱の時代のお話。

More
[PR]
by vla_marie | 2009-05-13 17:28 | 映画

『ジェネラル・ルージュの凱旋』


 チーム・バチスタ〜の海堂センセの作品の映画化第2弾。今回の舞台は救命救急センター(公式)
 (病院内)倫理委員会に送り届けられた、救命救急センター長と医薬品メーカーとの癒着を示す告発文を巡って、また田口×白鳥コンビが活躍します。

 途中まで見ていけばわかるのですが、多分、この映画は倫理委員会と現場との相克・ズレを1つの題材として扱っているように思えます。トリアージュの描写など、最近話題のトピックも盛り込まれていて、医療関係に興味のある方は見ていて面白いかと。
 もちろん、娯楽作品故の脚色はあるので突っ込みどころもありますが…。
 とはいえ、ちゃんと伏線もキッチリ回収できていて、あまりモヤモヤした部分を残さないように工夫されています。ちゃんと纏まっているのは○でしょう。

More(一部ネタバレ)
[PR]
by vla_marie | 2009-03-07 22:38 | 映画

『★CHEチェ 28歳の革命』


 週末から公開が開始されたゲバラの映画に行きました(公式)。
 この連休で、公開されて間もないというのに、殆ど客が入っていませんでしたよ!

More
[PR]
by vla_marie | 2009-01-13 05:32 | 映画

『闇の子供たち』+メモ(ES細胞からヒト大脳組織など)

 タイにおける児童買春や臓器売買を扱った問題作(公式)。この物語はフィクションです。
 「あの映画は無茶苦茶!」とA教授が仰っていましたが、鑑て納得。設定も演出も突っ込みどころありまくりです。

 本作は「フィクションなのであくまで非現実のお話として見ろ」ということなのか、それとも「現実の問題を社会派映画らしく演出しようとしたら過剰になってしまった」のか…制作側の意図が良くわかりません。毎日新聞社日本臓器移植ネットワークほか様々なところが取材の協力をしているみたいですが、どーも渡した情報を制作側が面白くアレンジしちゃった(し過ぎた)ということなのではないかと思います。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-11-07 19:14 | 映画

『パコと魔法の絵本』

 20日にグランキューブで臓器移植関係の国際大会があったそうですが、関係者の皆さんは行かれましたか?私は今回不参加でした(残念)。
 多分A先生は参加したハズなので、詳しいことはまた今度聴いてみよう。


 週が変わって若干体調が回復したので、『パコ』を見てきました(公式)。

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-24 19:50 | 映画

『グーグーだって猫である』(追記

 実に3ヶ月ぶりくらいに映画を見に行った気がします(公式)。原作は読んでいません。

 うーん、”ありがち”なハードルやイベントを通じて、日常的に生きていることの幸せ(その裏にある死)を考えてもらおうというのが筋なのかな?ほのぼのした柔らかい表現と、適度なコミカル要素、そしてシリアスに密度を詰めすぎない”ゆるさ”が、主人公と同年代の女性には受けそうです。ええ、昨日は公開初日でしたが、客層も30〜40代の女性が中心でした。多分猫も飼っているんでしょう。
 私にみたいにソリッドな表現を好む向きにはやや”たるい”と感じられますが。そもそも、そういう人は客層として考えてないのでしょう。(最終更新: 8 septembre 2008)

More
[PR]
by vla_marie | 2008-09-07 16:48 | 映画