excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『人命の脱神聖化』

 切れ味抜群、刺激的な主張で学会をリードする功利主義生命倫理学者P.シンガーの邦訳書(bk1)。原著2002年、邦訳2007年。全訳ではないのですが、邦訳未出のものが中心なので持っておくと良いかもしれないです。浅井先生ほか、その筋では有名な先生方が訳されていることもあって、訳が丁寧!

 生命倫理学におけるシンガーの立場は、いわゆるパーソン論の1つとして日本では理解されていると思うのですが…シンガーの言うところの「人格」概念が一般的な用法や法学で使われるものに比べてかなり広いものであることは、あっちこっちで指摘されています。この点が特に特徴的に現れるのが「種の平等-動物の権利・利益-」の主張であり、彼は、快苦の感覚を持つか否かというポイントに着目して彼ら(動物)が生物学的利益を持つと言うばかりか、高等哺乳類(チンパンジーなど)には人間以外の「人格」をも唱えます。
 シンガーの「人格」概念につき、Webの邦語で読めるものとして、熊本大の紀要に掲載された加藤論文などがあります。ほか、動物の権利について、「全ての動物は平等である」もフリーで入手できます(英語;これは1974年の初出版?)。後者については、本書第11章に新訳があります。また"Animal Liberation"と題された論説も入手可能です(英語;1990年)。



 思うに、乱暴に言って、生物学的利益を有する存在であり利益の平等配分に配慮が必要であるという生物学的レヴェルと、理性と自己意識を有する権利主体である人格レヴェルとの2層構造の上に、濃淡を付けるのがシンガー流の論法かなと。そこから、「ヒトであるというだけで、(キリスト教者の言うように)人命は絶対的に尊重されなければならないのか?そうじゃないだろう」という疑問を検討する中で、中絶の容認、胚研究の容認、安楽死の容認など「生きるに値する命と、そうでない命がある」という主張を展開し、また「種の平等」の主張を正当化しようとするわけなのでしょう。
 ただシンガーの論法でも結果的には、通常一般人の多くの生命は最も尊重され配慮に値するものとされるわけなのですが。

 各論文を通じ、一貫して神学的「生命の神聖さ」に対抗して世俗的「生命の質」を訴えるシンガーなのですが、その中でも人種差別と種の差別(動物の差別?)をアナロジカルに論じているように読めるところもあって…コレは欧米人には一般的に受け入れられ易いものなのでしょうか?
 私も論理レヴェルでは理解できるのですが、これは日本人にも広く共感できるものなのかどうなのか?どうなんでしょう。
 あと、個人的にはシンガーの主張する「動物の権利」が人間中心主義を脱しているかどうかにはやや疑問があるのですが、この分野不勉強なので正確な所良くわかりまん(恥。

 週末は歯科治療→あと5本になりました。
 午後から別の科に用事があったので麻酔無しの施術となり、これはかなり痛かったです。
[PR]
by vla_marie | 2008-09-04 23:27 |
<< 『グーグーだって猫である』(追記 『スペードの女王』 +臓器移植メモ >>