excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『安楽死と尊厳死』

 ルポライターの保阪正康氏による安楽死本(bk1)。1993年刊で、手元の本が2007年21刷!ロングセラー作品ですね。

 本書執筆当時は、東海大学安楽死事件は係争中という時代で、内容もそれなりに古いです。ただし、それがかえって本書を特徴付けます。というのも、高齢者の薬付けなどが明るみになって来たところで、「出来高払い」や「レセプト審査」のあり方にも疑問が呈されていたわけで。あまり、自分の記憶としては覚えていないのだけど。
 つまり、安楽死・尊厳死の話も、高齢者への「過剰医療」といった文脈を踏まえて著述されています。現在「後期高齢者〜」で問題になっているような状況とは違うわけです。インフォームド・コンセントとかセカンド・オピニオンなども…それほど一般化していなかったでしょう。



 筆者の立場は安楽死肯定論ですが、それはあくまで個人の領域に留まるべきであり、社会的に安楽死について見解が収斂したり後押しするような状況を望んでいる訳ではありません。また、各種の安楽死関係の報道に載って、尊厳死協会に登録する方にはファッションとして登録するのではないかと疑い、本当に死の瞬間だけでなく死の向こうの死生観を熟考すべきだと主張します。人生というプロセス全体で死を考えろってことか。

 前述したように、現在状況がかなり変わっております。
 最近は、「高齢者の医療・社会保障が切り詰められ医療格差が叫ばれる中で尊厳死を法制化することは、果たして良いのか?自己決定(故に自己責任)という名の下で、死へと向かう決定を迫ることにならないか?その死に尊厳はあるか?」とかいう尊厳死批判が多いのでは?

 さて、夕方からなにやら取材があるようです。遅刻しないように向かわなければ(汗。
[PR]
by vla_marie | 2008-06-05 18:04 |
<< 『医事法入門[第2版]』+メモ 【比律賓】外国人向け臓器提供を禁止 >>