excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『善き人のためのソナタ』

 東ドイツの国家保安機関シュタージを扱った話題の作品(公式)。某所で資料検索をしたついでに見てきました。
 公開中作品なので、プロットは公式サイトを参照のこと。

 壁崩壊以降、東側のドイツを撮る作品は結構多いように思うのだけど、シュタージを正面から扱ったものはこれが初めてのようです。
 東ドイツ監視社会の描写としても興味深かったです。というか、陰鬱なシーンが延々と長々続くので、感動的なシーンに至るまでがかなり苦痛です(それも計算の内なのでしょうけど)。

 ただ、東ドイツの社会体制についてかなりネガティブな評価を持って作品を制作している節が、あちらこちらに見られまして…そこのところは異論もある様な気がします。我々西側の「自由」を謳歌している者にとってはそうした評価が妥当かもしれませんが、東側に住んでいた方はどんな思いでこの映画を見たのでしょうかねぇ。
 暇があればドイツのサイトでも覗いてみるのだけど…今忙しいので、誰か代わりにやってみてください。で、教えてたも(ぇ。
[PR]
by vla_marie | 2007-05-01 22:10 | 映画
<< microSDカードを買ってみた 病気腎移植→B型肝炎発症。因果... >>