excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


病気腎移植の元患者が症例を公開するブログについて

 これは、以前、万波廉介医師がインタビューで予告していたものですね。暫く前に研究者仲間からこの話は聴いていたのですが、漸く本日(22日)の読売新聞に掲載されました(読売新聞病気腎移植推進・瀬戸内グループ支援ネット)。
 これで、多くの方がこのブログの存在を知ることになるでしょうね。

 管理者は1997年に呉共済病院で光畑医師によって尿管癌患者からの腎移植を受け、現在岡山市で弁護士をしている方だそうです。
 ちょっと研究室で別の作業をやっているので続きは後ほど加筆します。



 症例を読んだところ光畑医師の症例報告の1例目の方がこのブログの管理をされておられる弁護士の方のようですね。

 個人的には、当事者間が合意している病気腎移植自体は法的にもセーフ、ということは解釈の可能性としてあり得ると思います。
 というのも、たとえば(癌腎移植であれ)所謂同意傷害については違法性を欠くのでセーフとする説もありますし(一方、社会的相当性に照らして傷害罪の適用を受けるとする説もある)、また、判例も違法な目的による同意傷害に傷害罪を適用したケースはあるようですが、今回のようなケースで施術の目的が正当なものではない…とまでは言えないかと思われます。
 ただ、廉介医師がTV番組などでコメントしていたように、ドナーの選定に関しては現行法上問題が無かったとは…言えないでしょうね。

 1ヶ月半ほど病気腎移植の報道を見てきて印象的なのは、事件発覚の初期には万波誠医師が自身の病気腎移植について正当性を主張して来たのに対し、彼らも徐々に「自分たちに非があることを認めつつも病気腎移植の可能性を閉ざさないように」との主張にシフトして来ていることでしょうか。


P.S. 先ほどニュースJAPANで、生体肝移植の保険適用の問題を放送していましたが、こっちも問題があるようですね。。。
[PR]
by vla_marie | 2006-12-22 21:47 | なるほど
<< 後輩たちの定期演奏会 + 教会... 岩田重則『「お墓」の誕生』 + 雑記 >>