excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ムラヴィンスキーのドキュメンタリー番組

 昨晩は、「指揮者 ムラヴィンスキーの肖像」が放送されていましたね(これ)。流石に疲れていて眠かったのですが、最後まで見ました。

 英国で作られたドキュメンタリーらしいのですが、本国を除いてはムラヴィンスキーが最も人気がある地域の一つが日本でしょうね。



 というのも、彼のレパートリーの中心がベートーヴェンだのモーツァルト、ブラームスだのの独墺系作品+チャイコフスキーをはじめとしたロシアものという日本で人気のある作品が多かったのが大きかったのかと思います。
 もちろん、弦をはじめとしたヴィルトゥオーゾ性の高いレニングラードpo.の能力もあったのでしょうが、ムラヴィンスキーのCDの大半が同曲異演ものということを踏まえると選曲が人気に及ぼした影響はかなり大きいような…。

 ドキュメンタリーで面白かったのは、ショスタコーヴィチの交響曲第8番についてのコメント。以前何かのドキュメンタリーで見たとき、ムラヴィンスキーは交響曲第8番を高く評価していましたが、本番組では音楽に政治的なものを持ち込むのに懐疑的な姿勢を見せていたとかなんとか言ってました。どっちがほんとなんでしょう?
(交響曲第8番は、ショスタコーヴィチによってムラヴィンスキーに献呈されている)
 後にムラヴィンスキーはショスタコーヴィチの交響曲第13番の初演を断っていますが、そのときの理由も音楽に政治的なメッセージが多分に含まれていたことを嫌ったから、という話も聴いたことがあります。
 貴族出身で、ロシア革命のおりにボリシェヴィキに家財を簒奪された過去のあるムラヴィンスキーですから、第8番交響曲もそんなに気分良く演奏できるものではなかったのかなぁ…。


 ところで、彼は指揮棒を使って指揮したり、使わなかったりするようですね。何か意図があるんでしょうか?誰か知りませんか?
[PR]
by vla_marie | 2006-09-16 14:29
<< 終末期医療の指針、厚労省がたた... 合宿に参加 >>