excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


終末期医療に関わる倫理問題のアンケート

 昨日(8月4日)付けの読売新聞本紙に、終末期医療について新聞社が独自に実施したアンケート調査の結果が載っています。ここでは、本紙に記載された記事を転載することはできませんので、興味のある方は図書館などで閲覧してみて下さい。

 興味深かったのは、まず、人工呼吸器の取り外しよりも、取り付けの時点での倫理的葛藤を抱えている医師が多いことですか。なぜなら、「一旦取り付けた延命治療のための器具は取り外せない」としている医師が結構多かったことです。
 また、取り付け・取り外しの決定は現場の医師が主導的に行なっていることが多く、チーム医療に関わるスタッフでの合議や倫理委員会を通しているケースはまだまだ少ないようです。



 さらに、アンケートに寄せられた医師の個別的な回答にも興味深いものがいくらかありました。「80歳の脳梗塞患者が来ても、私は手術を行なわない」と明言されていた医師もおられたようですが、実践でも本当にその信念を貫いておられるのでしょうか…。
 (もし、患者も患者の家族も治療を望んでいるのに、回復の見込みが無いとか患者のQOLの問題を医師側の独断で判断した結果手術をしない、ということになれば…倫理問題以前に法的にも問題が…)

 いずれにせよ、現場では法整備やガイドラインを求める声が高まっていることがアンケート結果では示されていました(ガイドラインが望ましいとする声が60%もあったそうです)。反面、「医師の判断で事足りる」としている方も2割程度おられたようです。興味深い…。
 これに関しては、医療機関別や医師の年齢別の集計があれば…と思いました。
[PR]
by vla_marie | 2006-08-05 18:55 | なるほど
<< MDデッキ購入せりも、アンプ破... 始めに言っておくけど、私は花火... >>