excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アメリカでは人体組織売買がお盛んなようで…

 ここのところ日中暑くて頭が回りません。ただ、この記事を発見した時はびっくりしましたね。5月8日付けの毎日新聞の報道です(記事)。
「19年間で約1万6800家族が、身内の遺体の一部を「盗まれた」と訴訟を起こした」って…、多過ぎですよ!
 USA Todayの元記事はこっちで、関連記事はこれかな?うーん、数に関しては疑問も無いではないけど、実際に売買されているケースはあるようですね。



 人体組織「そのもの」の売買を禁じたところで、「加工費」の徴収が許されれば、そこから利益を上げる抜け道がある事は以前から指摘されてきました。というか、むしろ抜け道を造る事によってバイオ産業の発展に障害が起きないようにするという立法者の意図があったのではないかと思います。
 人体組織の売買自体に問題があるのは否定できませんが、患者・遺族⇔処理業者の間では人体由来構成要素の売買を認めず、処理業者⇔研究機関の間では金銭の授受を認めている点は、これ自体様々な問題を孕んでいます(そもそも組織を提供した患者や遺族がバイオ産業の利益を還元されないってのは不公平なんじゃないの?とか)。ただ、理論上は人体組織に関わる一切の金銭の授受を禁止できても、実際は難しいですし、「公正なルールづくり」とか「プロセスの遵守の監視」という点に議論が集約されて行っている感はありますね。日本でも。

 ということで、今回の事件で問題になったのは、「患者や親族の同意が無いまま商業利用が為された」、つまり、現行のルールがしっかり守られていないという点にあるのかと思います。
 換言すれば、「入手のプロセスをきっちり規制(統制)しろ」ってことでしょうか。
(書きかけ)
[PR]
by vla_marie | 2006-05-09 04:44 | なるほど
<< ツンデレはもう古いそうです 事実婚カップルにも体外受精がOKに >>