excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


選民思想とアイデンティティ

 昨日は『県庁の星』を後輩と見に行って来ました。たまには余り深く考えなくて済む映画も良いですね。
 原作は読んだことがないのだけど、これ、リアリティという点ではかなり無理のある設定でしょうね。特にストーリーの終盤では、少し話の流れに荒っぽさを感じます。ただ、娯楽作品としてはなかなか楽しめる内容ですね。(以下雑感)



 エリート県庁職員の野村(織田裕二)の挫折(プロジェクトのメンバーから外される)→研修先でのスーパーの改革に自分の居場所を求めるという流れが、ストーリーの主軸となっているのですが、これはとりもなおさず「アイデンティティの保障」が根底にあるテーマなのだろーかと勘ぐってしまいました。一昔前に流行った「自分の居場所探し」ってやつでしょうか。
 換言すれば、(基本的に誰も)どんなに知識や技術があろうと、それらの能力が他者(外的存在)によって評価されない所では人は自己の存在意義(≠アイデンティティ)を見失うということが表されているのではなかろーか(ほんとか?)。野村にとっては、当初は県のプロジェクトが彼のアイデンティティを支える存在であり、後半はスーパーの店員や二宮(柴咲コウ)がそれに変わるものとして現れてきたってことなんでしょうね(エリート意識が薄れていくのも、自己のアイデンティティーの形成・保持に不必要となったからでは?)。自己の外部に何かしらのアイデンティティを保障する存在がなければならない→ニーチェ批判なのか?この作品(ぉぃ。まぁ、人生斜めに見ているような私がコメントするようなことではないのですが…ま、基本的に難しく考えなくても楽しめる作品です☆
[PR]
by vla_marie | 2006-03-02 09:10 | 映画
<< 色バトン 吐息は空に融けて >>