excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


臓器移植法改正で自公が一致(追記

 12年前に臓器移植法が成立した時分のことはほとんど覚えていないのですが、当時、「今国会では通らないだろう」と言われていたものが急転直下で成立したと言われています。
 この現行の臓器移植法について評価は色々あるのですが、移植推進派からは1).小児臓器移植ができないこと、2).移植臓器が不足していることが採り上げられ、改正せよとの声があがっていました。そこに、近時WHOが海外渡航臓器移植を規制する動きを見せていることから、今国会での移植法改正話が出てきたという流れです(毎日1毎日2朝日1朝日2)。また、この改正に絡む患者団体の動きも報じられています(産経)。

追記:実際に2歳児の心臓移植受け入れが拒否された事例も報道されています(読売)。正確にはこれを”受け入れ拒否”の事例としてしまって良いのかどうかには疑問もありますが。



 そもそも臓器移植法には年齢制限の条文はありません。ただ、厚労省の運用指針で15歳未満の提供同意ができないことになっているわけです。

 実は、この年齢制限は、世論の動向を受けて盛り込まれたという経緯があります。

 それは、93年に脳死・臓器移植各党協議会が作成した「臓器移植法案の骨子」に「本人の臓器提供意思が不明な場合、家族が書面で承諾する。家族は本人の生前意思を忖度した判断が求められる」とあったことに対して、世間から反発があがったという経緯です。
 「小さな子供が臓器提供の意味を正しく理解し、自らの判断で意思表示カードに記するのは困難だ。だからといって、いくら肉親でも、親の判断で子供に代わって臓器提供を承諾することが許されるのか。それは子供の人権を侵害することにならないか。」(『法律はこうして生まれた』( 中公新書,2003年), p.14)。

 臓器の不足それ自体は、移植の要件を変更する”理論的”根拠には成り得ないでしょう。特に、推定同意制度の採用(従来の立場からの変更)には充分な理論的基盤が欲しいところですが、立法府はその準備がありやなしや?
[PR]
by vla_marie | 2009-04-15 19:35 | なるほど
<< マレ+メモ(備忘録) 【米国】息子の遺体からの精液採... >>