excitemusic

くわぁんりんの日記
by vla_marie
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
りんく
marioの部屋
後輩のブログです。可愛らしいです。北朝鮮(ry
のうてんきな舞々の毎日
後輩で、あのY氏の上司のブログ。就職オメ☆(祝
T957 CRAZY
私は魔法使いですが、彼女はイリュージョニストだそうです。
penepene nikki
ついに、学校の先生に!
飛び出し禁止
セレブOLの後輩です。飲酒→終電逃す→満喫のコンボが溜りません!
MY SYMPHONY
後輩のドラえもんマニヤのサイトです。
animate*life
後輩のVn使いのnixie君のブログです。
拜金女郎
大学時代の友人の奥様のブログです。
よいこのにつきちやうFC2
FC2にも進出。
最新のトラックバック
矯正歯科の治療費と専門医
from 矯正歯科の治療費と期間
「こんにちはJASRAC..
from 悪いブログニュース。
上野樹里ちゃんの「のだめ..
from 瞬★旬!キーワード~このヒト..
検索
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


愛媛の腎不全患者が移植学会幹部を提訴(追記

 移植学会の判断によって厚労省が病腎移植を原則禁止したことで、「生存権が侵害された!」との主張。10日に松山地裁に提訴したそうです(毎日毎日(地方)東京新聞産経愛媛新聞)。(最終更新 11 decémbre 2008)

 明日、仕事から帰ってから追記します。
 年明けには、国に対して国賠訴訟も準備しているとあります。



 おそらく、憲法訴訟にすれば、マスコミの注目が集まる…という公算の下でこうした形での訴訟をしているものと思われます。

 患者側は「治療の選択権が奪われた」ともしており、産経記事には、「患者の治療の選択権をめぐっては、信仰上の理由で拒否したにもかかわらず輸血が行われた「エホバの証人輸血拒否訴訟」で最高裁が12年2月、患者の自己決定権を認める判断を下している。」とあります。
 ただ、エホバのケースは実質的には治療拒否に関わる問題であったのに対し、病気腎移植は特定の治療法を求めることを問題としているのではないでしょうか。これは、同視して良いのでしょうか?
 また、患者側の主張する「治療の選択権」なるものは、そもそも憲法上の権利なのか、それとも民事上の利益なのかといったレヴェルでは議論があるところでして、エホバのケースも正面から憲法上の自己決定権を肯定した判決と評価できないところもあります。今回のケースも、訴訟形態としては民事訴訟でしょうし。

 この問題については、11日に「国会議員による『修復(病気)腎移植を考える超党派の会』が会合を開き、厚労省の見解が示される予定とあります。それはまた、別のエントリーで。
[PR]
by vla_marie | 2008-12-10 23:39 | なるほど
<< 厚労省、病腎移植を「臨床研究」... 神戸市でインフルエンザ予防接種... >>